あげまん風俗嬢

時には自分から仕掛けます

基本的に受け身で風俗を楽しんでいるんですけど、気分と言うか相手と言うか、時には自分から仕掛けるケースもありますね。どういった時に自分から仕掛けるのかなんて自分でもよく分かっていないんですけど、仕掛けたい気持ちになったら仕掛けるようにしています。相手の女の子が可愛いので反応を見てみたいとか、ちらっと手を伸ばしたらそこに攻めるべき部分があったりとか、少し触れたらかなり潤っているので、自分のスイッチが入る時とか。いろんなシチュエーションで自分の攻めるスイッチが入りますね(笑)でも、毎回だときっと疲れちゃうし、それにパターン化されて義務感が出ちゃうと思うんです。それは面白くないですよね。風俗は自分の気持ちに正直になって楽しむものだともうので、どんな気分になるのか分からない中で、いろいろと楽しむのもそれはそれで楽しいものなんじゃないかなって。ただ、そうは言っても受け身で楽しむのが自分の定番コースではあるんですが(笑)

清純系はやっぱり燃えますよね

清純系風俗嬢の存在は、やっぱり燃えるなって思いますよ。男のツボというか、男にとっての好みそのものだと思うんですよね。遊んでいるような風俗嬢よりも清楚な雰囲気。これは風俗に限った話ではなくて、アイドルとか芸能人にも言える話なのかもしれないんですけど、風俗って女の子がいろいろなことをしてくれるとはいえ、少しでも清楚な部分を感じると男は喜ぶんですよね(笑)そこら辺、男はシンプルというか純粋なんですよ(笑)だから風俗でも、少しでも良いので清楚な部分を感じさせるような女の子がいいんです。ちなみにこの前遊んだIちゃんはかなりいい線いってましたね。もしかしたら彼女はあまり遊んでいないのではないか…と、実際に遊んでいるかどうかじゃなく、男にそう思わせるってだけで彼女の勝利ですよね。実際に遊んでいるかはどうでもいいんです。その素振りで男を騙してもらいたいって言う願望を持っているのが風俗を利用する男の心理なんです。